<< ある夏の日の話 | main | コメント欄封鎖されてんの? >>

ガッキー最強説

この前たくやと新宿のびっくりドンキーでハンバーグを食べている時にガッキーはかわいいという話になった

おれは翌日話題の 恋ダンス を視聴した

くぅわあいいいいいいいい

にやにやしながら観ていると、石田ゆり子登場

ガッキーを見るはずが視線は石田ゆり子に釘付けに


石田ゆり子 検索

47歳

まあそうだよね、小学生の時から知ってるし
おれもう31だし

全然関係ないんだけど、
今朝起きたらヘッドボードにメモ書きがあって、

「恋のブランディング計画」と書かれていた

おれはいつもヘッドボードにメモとペンを置いている

ほとんどはメモの内容を見ればどんな夢を見ていたのか思い出すんだけど、たまにこうして全く何のことだかわからないメモが残されている



話は戻って、たくやとびくドンで話してた時に
おれはもしかしたら実はとんでもなくミーハーなのかもしれないとういう話になった

正直心当たりはある

いや心当たりどころか、それが嫌でわざとミーハー感が出ないよう物心ついた時から生きてきたような節もある


保育園の時卒園文集に書いた将来の夢は パイロット
小学生の時卒業文集に書いた将来の夢は Jリーガー
中学生の時卒業文集に書いた将来の夢は 上を向いて歩く

中学生の時点で明らかに自我が芽生えて、ミーハー感が出ないような演出を開始しているのが分かる。
その上、スベっている

これは恥ずかしい

ていうかミーハーってなんだろうか


田舎から上京してきた女子大生が冷蔵庫にセシルマクビーのステッカーを貼ったり、テレビ脇にアメリカのナンバープレートみたいなものを置くのはミーハーなのだろうか?


2、3年くらい前に高校の時の後輩と会ってびっくりドンキーでハンバーグを食べている時におれがiPhoneを取り出してフェイスブックの話をしたら


「えしまさん iPhone、FBっすか? 変わっちゃいましたね」

と言われた

「どういうこと?」

「いや高校の時のえしまさんってそういうの一番嫌ってたじゃないですか。ミーハーな感じのするものをとにかく糾弾してた。そういうとこ好きだったんだけどな。おれは未だにガラケーっすよ」

と言って携帯を見せてくれた


その場でiPhoneを叩き割ってたら、おれはもしかしたらある種の輝きを取り戻せていたのかもしれないなと今は思う

そうだ 今からでも遅くはないんじゃないのか

そうだそうしよう


でもこのブログiPhoneで書いてるからそれは無理や


あーこういうことなんだろうな
こういうことの連続がおれをミーハーたらしめるんだろうな

まあでもiPhoneは叩き割れなくても、他にできることは沢山あるはずだから、それを見つけて、かっこ良くなろうと思う

恋のブランディング計画はとりあえず置いといて、えしまさんブランディング計画を始めようと思う
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
adv