<< ハッピーハロウィン | main | ある夏の日の話 >>

やり場のない怒り

仕事をいつもより早く終わらせて電車に乗った

そしたら家の最寄駅の2つ前の駅で電車が止まった


振替で来るはずの電車も扉の故障で急遽回送になるというアナウンスが聞こえた

あっという間にホームは人でごった返してしまった

ここから家まで歩けば30分
いつ来るかわからない電車を待って最寄駅まで2駅3分で行けば、家まで歩いて12分

だけど、どう考えたっておれに次の電車に乗り込む勇気と根性はない

歩こう


そうは決めたものの、静かなる怒りが込み上げてきた


ホームの人の群れを一掻きする度に、おれの怒りは倍増して行く
真っ白のスーツを着たポマードの匂いがきついおっさんや、若作りが痛々しいミニスカートを履いたおばさんを掻き分けた

ぐっgううっぐううぐう

やっとの思いで人の群れを掻き分けて、改札を出ることができた


さあ30分歩こう
と思ったら雨が降ってやがる

きえーっっtーーーーぴえーーーーっt

雨に打たれる体は寒くなっていくはずなのに、雨が一粒当たるたびにどんどん熱くなっていった

もんnーーーーーもーんt


この怒りはなんなんだ


電車が遅れて駅員に詰め寄るおっさんおばさんの画をテレビで見るたびに、馬鹿だなと思っていたけど、少し理解できた
でもやはりそれは愚かだ


雨に打たれながらおれは小さな交差点に差し掛かった
信号機が見えた瞬間に赤に変わるのをおれは見逃さなかった
絵に描いたようなついてない日だなと思った


一応信号機はあるけど車なんて滅多に通らないような交差点だ

いつもなら、おれはその赤信号を無視していたかもしれない。あくまでも可能性として

でも立ち止まり、信号が青になるのを待った


「やり場のない怒り」検索

検索結果「6秒待とう」

1

2

3

4

5

6



きえーーーーーっつtーーーぴえーーーーーっt

おさまるわけねえだろうが畜生めが

信号が変わった


歩こう

そうだ、前向きに捉えよう

これでいつもよりは多めにカロリーを消費できえーーーーーっつtーーーぴえーーーーーっt


前向きになれねえよ畜生めが


こうなったらこのまま家まで後ろ向きで歩こうかな

おれは家に背中を向けて歩き始めた

よしよし、これはなかなか慣れないから集中しないと転ぶぞ、これで少しは怒りから気を逸らすことができえーーーーーっつtーーーぴえーーーーーっt


頭の中に昔の友だちの言葉が蘇る

Jimmy putur cock onur sox

なんなんだこんなときえーーーーーっつtーーーぴえーーーーーっt

それはさっきえーーーーーっつtーーーぴえーーーーーっt


後ろ向きで坂道を登るおれはどうかしてしまったのだろうか

いやそんなことはない



「あの後電車は来たのだろうか?」
家に着く直前、坂道が終わりかけた頃にふと思った


そしたら坂の麓に真っ白のスーツを着たポマードの匂いがきついおっさんが見えるじゃないか!

そうかおれの方が早かったんだ!

ざまあみやがれポマードじじいめが!

おれは混んでる電車に乗ることもなく、今ここにこうやっているんだ!


お前よりも先を行っているんだ!


そう思った次の瞬間におっさんはおれと同じ方向を向いて坂道を登り始めた


登り坂は後ろを向いて登った方が楽に感じるらしい


真っ白のスーツを着たポマードの匂いがきえーーーーーっつtーーーぴえーーーーーっt
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
adv