<< これからラジオ生出演します | main | 2/10(祝)ライブ決定! >>

むしん

僕の家からは星が見えます。

駅から家まで帰る途中、物凄く星空がきれいなことに気づきました。

なんか、久しぶりに見ましたよ、こんなきれいなの。

そしたら僕は、星空がきれいなのが久しぶりなのか、きれいな星空に気づいた僕が久しぶりなのかが気になりました。

実際にどちらなのかはわかんないんだけどね。

ただ改めて思うに、空がきれいなことに気づけるのは、心がからっぽになってる時とか余裕がある時です、僕の場合。

そういう時は、やけに印象に残ります。


わかんないけど、空は時々見たほうがいい気がする。

ただし、ひたすら疲れてる時とか余裕ない時の帰り道とかは、無理に空を見ようとしても、あるいは無理に見ても、たぶんそんなに心に響かない。

そういう疲れた時は、真っ直ぐ家に帰るんじゃなくて、逆に誰かと会ったり、買い物したり、映画観たり、音楽を聴いたりして、気分を少し高揚させてみたらいいんじゃないかと思う。

そしたら、疲れと満足感が相まって、無心になれるんじゃないかと。

そしたら、夜空にも気づけて、それに素直に感動できたりするんじゃないかと。

そしたら、疲れてたり、余裕がないことも、少しはポジティブな方向に繋げられるんじゃないかと。

そんな風に、よりよく生きていく方法を考えていけたらいいなと思いました。

必要以上に疲れてしまわない方法を考えるほうが、本当は先決なんだけどね。


まぁ、とにかく。

時々は無心になってみるのもいい、っていう話。
コメント
星とか夕焼けとか見ると、それだけで生まれてきた価値があるなって最近思うん。
  • とり
  • 2012/12/01 10:32 PM
北斗の拳打ち行きましょう。北斗七星みれますよ!
  • だいき
  • 2012/12/03 12:22 AM
疲れた身体を運ぶ最終列車の中、僕も窓の外の星を見上げようと ふと顔を上げたら、中吊り広告のオダギリジョー先輩のアップ写真が汚すぎて逆に塞ぎこんでしまいました。
  • シュン
  • 2012/12/03 12:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
adv